【高価格帯×高利益額】戦略のススメ

大きく様変わりしていく経済情勢と環境の中、自社を取り巻く状況も変わります。


あなたの業界に明るい未来があるか・・・国内は、ほぼ成熟市場です。


近年、大きく伸びた企業もありますが、それには技術革新や大きな戦略転換があり

中小企業や小規模事業が、カンタンに真似できることではないのが実情です。


スモールビジネスでよく言われること、【ニッチを狙え】。

ターゲットを絞り込むことが重要。

ポジショニングを考えた、ブランディング・・・、私も言っています。


しかし、これだけでは追いつかなくなってきています。


価値観が大きく変わっていっています。


使うお金と使わないお金を、明確に区分するという行動。

あなたも、私も身に覚えがあります。


高齢化社会も影響していますし、経済情勢や環境も背景にあります。

様々に、複雑に絡み合って・・・あなたの会社にお金を使わなくなるということが

発生します。


贅沢とか、流行りとか、ブームよりも、【必要性】や【将来性】などへ。

これまでの基準や物差しが変わっていきます。


結婚式、葬儀・・・小さくなりました。

学習塾・・・オンライン化。

会議室・・・オンラインミーティング。


探せば、もっとたくさんあります。


いつの間にか、コンビニのお菓子は、小さな袋で100円代のものばかり。


気付かないうちに、世の中は変わっていきます。


使うお金と使わないお金を区分するという意識と行動から、

私たちに必要なことは・・・使うお金の商品やサービスを取り扱うこと。


お客さんに必要性や将来性を理解してもらうことが重要であり、

そのための商品やサービスを提供する。


しかし、お客さんの懐具合は思わしくないのが現状。


そこで、低価格帯でも高価格帯でもいいのですが、

【高利益額】でなければ、事業が危うくなります。


平たく言えば、儲けられなければ続かないということです。


一言で言えば、高価格帯・高利益額の戦略です。


そんなにカンタンではないことは、わかっています。

道端に転がっているような話でもありません。


高価格帯を取り扱うことは、面倒なうるさいお客さんが相手です。

高利益額ということは、いかに原価を抑えるかという工夫が大変です。


一過性の商品ではなく、LTV(LIFE TIME VALUE)で考える必要もあります。



ある事例をご紹介します。


美容系の急成長した企業では、徹底的にリピートが重視されています。

そこで、何度も利用していただくこと、継続していただくことが、

新規獲得コストを抑えて、最終的には高利益につながるからです。


答えを言ってしまえば、中小企業や小規模事業は、リピート戦略こそが

高価格帯×高利益額戦略につながります。


意外にやっているつもりで、時間も労力も費用もかけていないのが

リピート戦略です。


中途半端ではなく、徹底的にという部分がポイントです。


戦略や方法論は、業種・業態で違うのが当たり前。

商品やサービスのメニューでも異なります。


今後、重要なマーケティング施策の一部です。