イメージ戦略 to ブランディング戦略

広告の反応を上げたい場合も、既存顧客からの反応を得たい場合も

イメージ戦略は、重要です。


ズレていては、反応出来ないからです。

期待も共感も、支持も得られないことになります。



ちなみに、

自社のイメージは、どのようなものですか?


ロゴ、トレードマーク、メインカラーやキャラクター、

ホームページデザイン、パッケージ等のデザインで表されています。


更に、キャッチコピーやコンテンツ、SNS投稿など

メッセージも重要な役割を持っています。



これらのことについて

顧客からは、どう思われているでしょうか?



ターゲットにしている顧客から好感を持たれているでしょうか?


特に、広告しているのであれば、好感を持たれなければ

次のステップに進みません。


ちょっと辛辣な言い方ですが、


【生理的に合わない】という言い方がありますが、

要は、どうしても嫌いだと言われているということ。


対象顧客から、こう思われてはビジネスとしては

上手くはいきません。



最近では、業種転換や多角化が多くなりましたので、


最初は、〇〇だったけれど・・・今は□□、ということは

よくあることです。


だとしたら、イメージ戦略も変更です。



先ずは、ターゲットに合わせる基本的な部分は

押さえておく必要があります。


極端な例ですが、飲食や食品関係に寒色系のカラーが

ないのは、このような理由です。



ブランディング戦略とイメージ戦略は、

私の中では明確に違います。


イメージ戦略は、顧客に合わせることからスタート。

こちらは、売り手から顧客に歩み寄ることです。


ブランディング戦略は、顧客が憧れる、支持する、

応援したくなると、顧客側が自発的に動きやすい状況を

つくることにあります。



表現されるデザインや、コンセプト等のカタカナに

振り回されてしまうと、混乱します。



私たち中小企業は、イメージ戦略が先です。

つまり、顧客に歩み寄ること。


そして、対象顧客を変えたり、自分のイメージを

変えたければ、思い切って変えることが必要です。


現時点で、上手く機能していれば変更の必要はないのですが、

そうではない場合や、今後のことを考えて変更の必要があると

判断した場合には、全てが変更です。


ちなみに、私も自分のイメージ戦略とブランディング戦略を

変更している真っ最中です。


各SNS(ツイッター、フェイスブックページ、YouTube)と

やっていますが、それぞれにテーマやコンセプトがありますが、

このことさえ、見直す予定です。


もちろん、クライアントさん方も鋭意実施中です。


イメージ戦略、集客にも広告にも重要です。