グーグルツール活用

知っている方、使っている方には、当たり前のことになりますが、

リサーチやトレンドを知っておく上で、便利なグーグルのツールを

ご紹介します。


リテール版トレンドクエリ

https://www.thinkwithgoogle.com/feature/category-trends/jp/month/ja


このサイトは、以下のように説明されています。


上記サイトから引用

”新型コロナウイルス感染症の影響もあり、生活者の行動は急速に変化しており、予測することもさらに難しくなっています。 このツールでは、リテールカテゴリーの中で、Google 検索上で検索数が急上昇しているクエリ、および急上昇している都道府県、共に検索されているキーワードを把握することができます。 生活者の検索行動の変化を反映するため、データは日々更新されていきます。”


何が出来るかというと、週間・月間・年間で、リテール(小売)の中で、

伸びているキーワードが、期間毎に、地域毎にわかるというもの。


更に、伸びているキーワードをクリックすると、上位キーワードが表示されますので

グーグルトレンドよりも、精度が高いツールと言えます。


このようなサイトツールを使って、リサーチする習慣をつけることで、

自社商品やサービスが、トレンドに該当するか、トレンド関連で派生的な効果を

得られるかということを把握し、ビジネスの好機が見つかります。



又、グーグルは中小企業施策にも力を入れています。

以前のブログで、ガイドブックを紹介しましたが、以下のページは、

デジタルマーケティングのビギナーに向けて、情報をまとめてくれています。


中小企業向けサポートページ

https://grow.google/intl/ALL_jp/smallbusinesses/#?smb--quick-easy-actions_activeEl=smb--keep-your-customers-informed&modal_active=none


そして、Think with Googleから、

小売の方、それ以外の業種の方も見ていただきたい記事があります。

2021年2月の最新記事です。


https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/consumer-insights/consumer-trends/shoppersurvey2021/


パルス消費と呼ばれている、直感型消費の特徴がまとめられています。

その中に書かれている、直感センサー6項目は以下の通りです。


  • Safety:安心安全なものに反応する直感センサー

  • For me:自分の価値軸にぴったりなものに反応する直感センサー

  • Cost save:お得なものに反応する直感センサー

  • Follow:売れているものや、第三者が推奨するものに反応する直感センサー

  • Adventure:知らなかったものや興味をそそるものに反応する直感センサー

  • Power save: 買い物の労力を減らせることに反応する直感センサー

記事内に書かれていることですが、衝動買いとの違いの部分があります。


上記サイトから引用

まずその商品やサービスが「安心」推しなのか、「自分らしさ」推しなのか、「コスパ」推しなのか、「流行り」推しなのか、「目新しさ」推しなのか、「楽できる」推しなのか……を考え、決定したメッセージを、誰に対して、どのタイミングで、さらにどのようなメディアを使って届けるか。常に情報探索をしている消費者に対して、単に「届ける(reach)」のではなく、「出会って(encounter)」もらうのか。これが重要です。”


【推し】という表現が使われている通り、自己正当化できる理由があります。


膨大なデータを活用させてくれるツール、そしてデータから書かれた記事。


グーグルツールを活用するか否かで、マーケティング戦略、広告コピーまで、

変えていくタイミングや必要性を捉えることが出来ます。


ちなみに、

以前にご紹介したガイドブックは、38ページで読み応え十分です。

グーグル広告のサービス紹介が含まれますが、知らない方は、

知るためのいい機会になります。

変なデジタルマーケティングの書籍よりも、役立ちます。

https://services.google.com/fh/files/events/digital_marketing_guidebook_2020.pdf


と、上記記事については、私はプリントアウトして、内容に関して

クライアントさんと自社について、検討中です。


これらは、グーグルが無料で提供してくれているツールです。

難しそうとか、わからないということではなく、少し時間を取っていただき

どんなものか知ることで、次の展開につながるかもしれません。