コピーライティングで大事なこと

ビジネスで必要なスキルの中で、特に重要なコピーライティング。


商品を説明する上でも、機能を説明する上でも、顧客にメリットを伝える上でも


とにかく言語化しないことには伝わらない。


広告のヘッドライン、ダイレクトメールの最初の一文など、特に重要。


どうすれば書けるようになるか・・・きっと質より量だと思います。




闇雲に書いて上手くなるのか、伝わるのかということが、これもわからない。


最終的には、「センス」なのか?と、アタマを抱えてしまうと書けなくなります。



私が、コピーライティングをする時に大事にしていること。


それは、「誰に書いているのか」



相手(誰)が、


どんなことを考えるだろう


なぜ、必要だとか、欲しいと思ったんだろう


何を期待しているんだろう


どうなりたいんだろう


何が気になるだろう


と、アタマの中、ココロや気持ち、感情、カラダの状態を想像します。



そして、一番気になることは、何だろう?


誰でも、自分のことが一番気になるのは、間違いないから、そこのところに


届くようなコピーが書けると一番いいと思っています。



例えば、コーヒーが欲しいと思った時。


自分が売っているコーヒーと、相手が望むコーヒーが違っていては、コピーは効きません。



よく言われるのは、お客様からの声、評価、どう言われているかという部分に


いいコピーが隠れていると。



オーガニック? 焙煎? 産地? 生産者との関係?


やや甘い香りでホッとするコーヒー、と言われているとします。



このコーヒーを飲みたい人は、どんなことを考えて、どういう基準でコーヒーを選び、


今は、どんなコーヒーを飲んでいるだろう・・・。



忙しい人かもしれない。


苦いのはNGかもしれない。


飲みやすい方が好きかもしれない。


と、いろいろと考えられます。



こうやって、コピーライティングを届ける「誰」を想像する。


もっと、いい方法があるかもしれないし、いいコツがあるかもしれません。



誰を想像して、書いてみてください。


あなたのビジネスを必要とする、「誰」は、きっといます。