サブスクリプション

ネットの世界では、いろいろなサブスクリプションが増えました。

アマゾンプライム、ネットフリックス、LINEMUSICなどがあります。


私たち中小企業も、サブスクリプションモデルを取り入れていくところは

ますます増えると思います。


大手、競合他社と同じサブスクモデルでは、優位性は生まれません。

では、どうやればいいのか・・・。


私がよく参考にさせてもらうサイト

Think with Googleに、サブスクに関する記事が掲載されていました。


https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/consumer-insights/consumer-journey/subscription-service01/


モデルとしては、9つを紹介

1.定期購買型:昔から一般的なモデル

2.キュレーション型:特定の人(会社)が選んでオススメ

3.メンテナンス型:保守点検

4.長期リース型:高額品に多い、車や家具

5.短期レンタル型:洋服やジュエリーなど

6.プロモーション型:店舗への誘導

7.インストアサービス型:定額使い放題など

8.オンラインサービス型:プラットフォーム

9.デジタルコンテンツ型:動画や音楽


と、区分されています。


中小企業は、業界大手や競合先が、どのモデルに該当して

自分が導入する際の優位性をつくれるか、というところがポイント。

更に、リサーチは必須です。


次に、サブスクの動機に関する記事も紹介されています。

https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/consumer-insights/consumer-journey/subscription-service21/


動機として、

1.ミニマル:モノは、最小限に

2.アップグレード:最新のモノを試して

3.テンポラリー:今だけ使いたい

4.レビュー(比較):生活の見直し

5.オープン:サブスク加入で他サブスクを使う


上記のモデルと動機が、ミスマッチであればサブスクはうまくいかないように

思います。


例えば、新聞やビジネス誌は、定期購買モデルで、動機はアップグレード。


通販会社の健康食品も、定期購買モデルですが、動機はレビュー。


というように、商材や顧客で異なります。


今後は、既存顧客へのアプローチはもちろんですが、サブスクリプションも

重要な収益の柱になる可能性大です。


他社が取り組んでいないうちに、リサーチや準備を行い、トライアル&エラーで

テストマーケを行うことで、突破口が開きます。


私もですが、クライアントさん方と、次のテーマは【サブスクリプション】に

なると思います。