テーマ:SNS・ウェブサイト・ビジネス

テーマとネット検索すると、「主題」という意味だとあります。


何気なく使いますし、あってもなくても・・・という感じのものでもあります。


しかし、ビジネスには断然にあった方がいいと考えます。


その順序は、


1.SNS

2.ウェブサイト

3.ビジネス


と、思います。



SNSは、それぞれに媒体がありますが、それぞれでテーマを設定してほしいと思います。


それは、各媒体毎に、特長や特異性があるからです。



ご存じの通り、ツイッターは匿名で、フェイスブックは実在の人物。


フェイスブックとインスタグラムは、ユーザー層が違う。


LINEは、インフラの役割があるものの、情報収集媒体としては弱い。



全部に取り組む中小企業は、多くありませんが、中小企業でも各媒体に取り組んでいる

ところは、多数です。


しかし、ほとんどが同じ情報の使い回しになっています。


そこに、戦略的意図があれば、構わないと思うのですが、そうではなくて、

単純に拡散だけを目的にしているとするなら、逆効果にもなりかねません。


同じ記事ばかり・・・使いまわすだけか・・・。

これでは、ファンどころか、失望です。


SNSは、コミュニティなのですから。



ですから、

前述のとおり、各媒体の特長を生かすテーマを設定して、

情報発信した方が、コミュニティも理解しやすくなるということです。



ある会社は、各SNSの戦略として、テーマを設けて情報発信しています。


公式インスタグラム:メッセージ

公式フェイスブック:記事更新、お知らせ

公式LINE     :お得な情報とキャンペーン


これらのSNSと連動して、ウェブサイト、ブログや動画が存在します。



ウェブサイトのテーマも、公式サイト、オンラインストアサイト、ブログ(経営者・社員)

情報サイトなど、いろいろなサイトがありますが、ご自身のサイトで、何をテーマにして

伝えているのかを明確にしなければ、売り込みも中途半端になります。

(自社・自身のサイトも、反省していますので、リニューアル予定ですが)



更に、ビジネスもテーマを設定すると、そのテーマにつながるストーリーがあるはずです。

理念、使命、ポリシーなどとして、テーマを設定されているところも多いと思います。


単に、売り込むだけでなく、


「なぜ、このビジネスをやっているのか」

「このビジネスで実現したいことは何か」

「ビジネスを通じて、どうなりたいのか」


ということを伝えることで、顧客と社員からの支持や共感を得られます。


このビジネステーマがあることで、SNSにも繋がっていくことは言うまでもありません。


「テーマ」を見直すだけで、ビジネス全体が大きく変わり、ファンビジネスの基盤が

より強固なものになると思います。


更に、売上を上がるでしょうし、LTV(顧客生涯価値:LIFE TIME VALUE)も

上がっていくものと思います。


機会を見出していただき、改善と工夫を。

(私自身も、必ず取り組むべきだと考えています。