ヒット=アレンジ×リモデル

最近のヒット商品、いずれも食品系機器。


A:3万円のトースター・1枚焼き(三菱電機)

  https://panasonic.jp/cook/products/sr-mp300.html


B:3万円超の電気圧力鍋<メーカーサイト価格>(パナソニック)

https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/breadoven/


C:9,980円の折り畳み式コンロ(スノーピーク)

https://www.snowpeak.co.jp/sp/hcburner/


D:1,200円前後の使い捨てグリル(カサスグリル)

https://www.casusgrill.com/



情報をアレンジ(整理)して、リモデル(作り直し)。


Aのトースターは、数年前からの食パンブーム、バルミューダという人気高級トースターという背景があると思います。


しかし、1枚焼きとは。

ターゲットを、かなり絞り込んでいますが、ヒット。


Bの電気圧力鍋は、【時短】があると思います。

家庭内における料理時間の短縮は、主婦の永遠の課題です。

コロナ禍で、在宅が増えたのも一つの要因ではあると思います。


小さくなって、オシャレにリモデル。

こちらも、しっかりとターゲティングしてあります。

しかも、機能は初心者向け~上級者と高機能。


Cの折り畳みコンロは、秀逸なデザインです。

すごい、カッコイイ。

キャンプには行く機会がないですが、欲しいです。


カセットコンロは、ホームセンターやスーパーで、2,000円前後。

比較すると高額ですが、・・・いやいやカッコいいですから。

使いたくなりますから、というもの。


これも、ターゲットがきっちり絞り込まれています。



Dの使い捨てグリル。

これ、いいですよね。


ベランダでも、庭でもOK。

アウトドア感、すごくいい。


よく言われている【サステナブル】な商品です。


これらの商品を紹介したのは、まだまだチャンスがあると思うからです。


自社の商品、サービスをアレンジ(整理)して、リモデル(作り直す)という

ことにも、目を向けていただきたいと思います。


大ヒットにつながることもあるかもしれませんが、時代に適合することが出来ます。


時代に適合することは、顧客に適応することですから、既存顧客へのアプローチも

新規顧客の獲得にも、大いに役立つはずです。


時代の過渡期ですから、商品・サービスをリモデル、リメイクすることは重要です。



私も、自身のコンサルティングに関して、アレンジしてリモデルすべく準備中です。