ヒトとお金のデジタル立地戦略

ビジネスで、立地戦略が重要なことは言うまでもありません。


現在は、特に【デジタル立地戦略】が、重要です。


グーグルビジネスプロフィールのことではありません。

これは、リアルな立地を示すものであり、重要は重要ですが

今回の内容とは異なります。


デジタル立地戦略とは、

人が集まるところ、お金が集まるところを知っておく。

そして、戦略的にその対策を講じるということです。


人が集まるところ・・・例えば、ECモールが代表です。

もちろん、それだけではありません。


会員が多い、オンラインサロン

フェイスブックのコミュニティ

各SNSのアカウント

人気のブログ など等とたくさんあります。


自分のビジネスのターゲット(対象顧客)が、どこにいるか。

知っていますか?


そこで、どう立ち振る舞いするかは、各自の工夫と努力ですが、

そこを見つけることで、ビジネスのリサーチ媒体とも言え、

それから、ヒントやアイデアが見つかります。



お金が集まるところは・・・。


クラウドファンディングが、イマドキの代表かと思います。


その他、YouTubeのプレミア公開やLIVE配信。

オンラインゲームなど等、これらもたくさんあります。


知らないと、お金の流れもわかりませんし、顧客動向を理解することも

出来ないということになります。


そして、人とお金が集まるところで、何をするのか?


ここからは、各自のアイデアや工夫、腕の見せ所。


先ずは、人が集まるところやお金が集まるところを知ることが先です。


ちょっと覗いたくらいでは、わかりません。


例えば、お金が集まるクラウドファンディングは、支援してみる。

YouTubeやゲームで、課金してみる。


経験することで、気づくことがあります。


そこから、世の中の流れや傾向を掴むことも出来ます。


人とお金が集まるところ・・・他にもあるかと思います。


見つけたら、正に【金脈】の可能性大。


ただし、何の準備や用意もせずに、ズカズカと入り込むと痛い目に

遭うこともあるかもしれません。(特に、コミュニティ系)


逆の立場だと、いきなり売込みされるとNGな感じだとわかりますよね。


又、取り繕ったように【カタチ】だけも見抜かれてしまいます。

クラウドファンディングさんが、審査やサポートがあるのは、こういう理由もあります。


ただ、ビジネスを戦略的に考える上では、デジタル立地戦略という観点は

既に、当たり前です。


一度、考えてチェックすることで突破口が開けるかもしれません。