ビジネスのセンターピンとは

元ジュリアナ東京、元グッドウィル・グループの経営者である折口氏が

提唱している、センターピン理論。


要は、ボウリングのセンターピンと同じで、ビジネスのセンターピンを

定めないと、事業成長しないということ。


正に、その通り。

自社のビジネスのセンターピンは・・・。


先ず、対象とするマーケット(市場)と経営規模で異なります。


ローカル商圏内でも、単独店舗のみと多店舗展開するつもりでは

違うのと同じです。


自分のビジネスは、どの市場を対象にして、どの規模まで目指すのかで

センターピンが違うのは、当たり前です。


さて、センターピンは、どこに見出せばいいのか?


シンプルに考えてしまえば、


1.ヒト

2.モノ

3.カネ

4.データ(情報)


のいづれか、又は組み合わせになります。


ここで間違ってしまうのは、【品質】と混同すること。


事業を拡大し成長するためには、品質は一定以上であることは当たり前です。


上記の4項目のいづれかが、センターピンだとしたら、差別化・独自化が必須ですから

品質は、【モノ】部分に含まれていると考えます。


中小企業・小規模事業の経営者からよく聞く言葉があります。

「知ってもらえれば、良さを伝えられる」

と、いうこと。


知ってもらう・・・広報・広告とありますが、効果計測できるのはWeb広告。


つまり、広告するには、【カネ】が必要です。


しかも、データはマスト。

つまり、【カネ】と【データ】が、必要ということ。


センターピンは、この2つです。

なかなか決断出来ずに、進めないところが多いのが現実です。


既に卒業されたクライアントさんで、上場を目指しているのですが、

苦しい時期をお手伝いしましたが、提案したのは売上を上げるために広告すること。


それこそ、当時の売上規模に見合わない広告費で、売上を急伸させました。

2年経過もせずに、売上3倍。


その後、卒業されて今は上場準備中です。


さて、カンタンに要約しましたが、あなたのビジネスのセンターピン。


攻めるかどうか・・・時代の過渡期はチャンスです。