ビジネスタイミング

ビジネスにおいて、タイミングが大事なことは誰でも知っていると思います。


しかし、どのタイミングがいいか・・・ほぼ運次第とも言えます。


早過ぎても、遅すぎても、BADな結果が待っています。


今の時期・・・コロナ禍の中、オリンピックが見え隠れし、緊急事態宣言の効果も

見えないまま、春という季節もあり、人々が動き始めようと、「起こり」や「兆し」を

感じている状態です。


次は、どうなるんだろうか・・・と期待と不安が入り混じった状況で、ビジネスのことを

進めていく必要があります。


最悪も想定して、対策を尽くす。

しかも、保険をかけて。


これが、私のコンサルティングにおけるスタンスとも言えます。


この状況における最悪は、実は2つのパターンがあると考えています。


1.タガが外れて、人々が一気に動き出す

2.新常態が変わらずに、大きな動きのないままに停滞する


一気に動くとしたら、その動きに呼応するような対策が必要です。

もちろん、業種・業態によります。


停滞のままであれば、新しいことを進めなければ、突破口を見出せずに

このまま低迷してしまいます。


都合よく考えれば、一気に動いた場合の対策と、停滞の突破口の施策が

同じであれば、最も望ましいということです。


更に、保険をかけておきます。

上手くいった場合には、・・・。

上手くいかなかった場合には・・・。


ここまで構造的な戦略を組み立てておくことで、タイミングが計れます。


タイミングを計る場合には、トレンドが関係あれば、その情報を。

消費者行動や、傾向をチェックする必要は?

業界大手や競合先は?


故に、準備 → テスト → 稼働

という、プロセスもプランニングしておくことが出来れば、

いつでも動き出せる状態となるわけです。


最近の事例ですが、コロナ禍の中で伸ばしている化粧品があります。


医師の処方が必要ですので、本来であれば来院なのですが、

この状況下で、【オンライン診療】が認知されたことから、

その仕組みを生かし、その化粧品販売を大きく伸ばしています。


この化粧品導入も、コロナ禍の中で決断されたことですし、

正に、タイミングを計った結果です。


この時期だからこそ、何をどう準備しておくか、タイミングを計れるか

ということが、ビジネスの成否に大きく影響します。


私自身も、クライアントさん方も、着々と準備しつつ、タイミングを計りたいと

思います。