ビジネスブレイクダウン

私の造語です・・・ビジネスを分解するという意味。


いろいろな環境、条件、要因などからビジネスが構成されています。


その項目が変われば、結果は変わります。


一昔前の定数的な項目は、地域や商圏、取り扱う商品・サービスなど


しかし、この考え方はインターネット環境で激変。


ほぼすべての項目が、変数的な項目と言っていいと思います。


ビジネスは、どのようにでもカタチを変えられる時代です。


だからこそ、ブレイクダウンが重要だと言えます。


自分のビジネスが、どのような構造で成立しているのか、

どうなれば、圧倒的な差が生まれるのか、

どのポジションを取れば優位になるのか・・・と理解していなければ

ブレイクダウンが出来ません。


そして、ブレイクダウンが出来ると、何がいいか。


新しいビジネスの構造、成立条件などが手に取るようにわかります。

つまり、組み立て、スキーム等と言われることがスムーズです。


そうなると、躓いた時の修正もスムーズです。

何がどうなっているから・・・と原因が特定しやすいことと、

修正が早くなります。


そして、現場レベルのオペレーションまで落とし込んでいけば

問題解決の糸口も、見えてきます。


実は、この手法が出来なければコンサルティングもマーケティングも

上手くいきません。


ビジネスもマーケティングも、数式的な部分があり、因数分解のように

式を開けなければ、組み立てることも出来ないからです。


ただし、これだけが出来てもビジネスは上手くいかないのも現実です。


その要因は、【感情】です。


顧客も、スタッフも、自分も感情で動いています。

だから、数式のようにはいかないのも仕方のないこと。


とは言うものの、機械的にわかることは、動かせるようにするべきです。

だから、ビジネスブレイクダウンが必要だと言えます。


画像に、マトリョーシカを選んだのは、中を見ていけば次々と出てくる仕組みだから。


一つ一つを開けていきながら、ビジネスを分解して分析して、組み立てる。


面倒なようでも、意識的に考えるようにすれば出来るようになります。


最も早いのは、他社の成功事例と失敗事例の分析です。


自社でもいいのですが、如何せん【感情】が邪魔をします。


他社分析をやってみると、見えてくるものがあります。

更に、この手法は、競合リサーチには最適です。


自社なりの方法を見つけられると、強力なスキルとツールになります。