プランニング

今年も残すところ、約40日となりました。

毎年のことではありますが、この時期には今年のチェックと来年のプランニングを行う

ことを、オススメしています。


今年のチェックについては、出来たこと、出来なかったことを再確認し、

来年に持ち越すかどうかを決めていただくといいと思います。


特に、今年は新型コロナウイルスの影響が大きく、予定変更を余儀なくされた

というところばかりです。


もしくは、この機会を生かして、予定になかった取り組みに着手されたところも

多いと思います。


昨年のこの時期には、ウイルスを予期しているところはなく、何の前触れもないまま

経営環境が混乱したのですが、今年は違います。


新しい日常、新常態が予想出来ますし、現在進行形で顧客意識や行動が変化しています。


この環境に適応させていくことが、来年の最重要テーマだと言えます。


来年度の戦略や施策で、大きく伸びるチャンスもあると思います。


しかし、無策では何ともなりません。


予想をし、何等かの手立てを考えることで、その通りにならなくても変更や改善で

軌道修正が出来ます。


弊社のクライアントさん方には、この時期に必ず翌年に向けた傾向と対策の

セミナーを行い、戦略立案や施策の参考にしていただいています。


来年度に行われる法改正やルール変更、最近になって行われたSNSの利用規約変更等

ビジネスルールが変わることでの、プロモーションの内容や変更が必要です。


新しい取り組みや予定を立てることで、準備も必要になります。


是非、この時期にプランニングを行うことをオススメします。


来年は、今年の分もプラスして、クライアントさんと前進していきたいと考えています。