マネジメントの重要性

マーケティングを行う上で、マネジメントが必要です。


経営を管理するということも、マネジメントです。


マネジメントとは何か、ということは様々な書籍やネット記事にありますが、

中小企業的に言えば、【整理整頓】しておくことです。


いつでもマーケティングできるように、データを整理。


いつでも投資できるように、資金繰りや金融機関との関係を整理。


つまり、いつでも動けるようにしておくことが、マネジメントだと考えます。


売上を上げる、利益を上げるということに、時間と労力を費やして、

この部分が、最重要視されるのですが、人・モノ・金・情報を常に整理し、

経営判断できるようにしておくことが、更に重要だと思います。


中小企業は、私も含めて、目の前のことにとらわれがちです。


やらなければならないことが多いし、次から次へと増えていく感じで、

やっても終わらないという状況が続いてしまいます。


そこで、マネジメントが機能すれば違います。


例えば、優先順位は、状況次第で変わるのが当たり前。


しかし、●●をやらねば・・・と思っていて時間が経過。

そして、次の重要事項がないがしろになってしまう。。。


小さな会社、中小企業では、あるあるです。


マネジメントは、言葉の定義が広い分だけ、いろいろな意味や

使われ方をしていて、ぼんやりしています。


やらなければならないタスク管理、TO DO管理も

大事なマネジメントに違いありません。


私たち中小企業は、実はマネジメント下手です。


だから、何か新しいことに対するスピードが上がらないし、対応が遅い。


どうすれば上手くなるか。


【整理整頓】につきます。


規模が違えど、小さな事業や会社なりに、全員がマネジメントという

管理すること、共有することを重要だと認識して、整理整頓することで

機能し始めます。


そして、マネジメントもシステムで稼働させる方が効率的。


何かのシステムやソフトも必要ありません。

今は、ネット上に無料のアプリやツールが、いくらでも公開されています。


刻々と変わる経済情勢や状況、消費者意識や行動に対応するためにも、

マネジメントを見直す時期でもあります。