リカバリープラン

広告やプロモーションを行う際には、プランニングしてスケジューリングして、

どのようにマネジメントするか、ということを決めていきますよね。


その広告やプロモーションは、期間があるはずですから

初速がいいとか、反応がいいという場合は、問題はないものの

全てが上手くいくことはないですし、上手くいかない場合の方が

多いものです。


3割打者・・・なぜか4割には届きません。

広告やプロモーション等の施策も、3割当たればヒットです。


ところが、多くの中小企業は忘れてしまいます。


これだけ打ち合わせして、準備したのだから、上手くいくはず。


残念ですが、そうはならないのです。


30%ですから、3回に2回は滑ります。


こうなると、滑った2回はそのままでいいのでしょうか?


諦めの悪い性格は、そうは思いません。


特に、プロモーションの場合には、

滑ったことを想定して、リカバリープランを作成しています。


仮に、2週間のプロモーションだとします。


3日後の予測 プランA

7日後の予測 プランB

最悪の場合だと、10日後のプランCまで


要は、現在動いているプロモーションを、再度告知するとか

リーチする顧客層を広げるとか、オファー(特典)を追加する等。


もちろん、内容次第にはなりますが、ダメにものをダメなままに

しておく余裕はありません。


リカバリープランを用意する場合の注意点として、オペレーションとの

連携を、周知しておく必要があります。


特に、他部門との連携を行う場合には、終わった業務となっているものが

追加されることで、負荷がかかることから不満になってしまいます。


あらかじめ、情報共有しておく体制も必要です。


さて、この時期にリカバリープランをお伝えするのは・・・年末年始を迎えます。


今年は、コロナ禍の中で、どのような年末年始になるのか、読めない状況です。


しかし、売り手側は、そのような悠長なことは言っていられません。


既に準備されているところも多いとは思いますので、プラスアルファとして

リカバリープランを検討していただければと思います。