一貫性による信頼

マーケティングでは、心理学を参考にすることが多々ありますが、

その中で、必ず出てくるのが、「一貫性」。

ブランディングにも必ず出てくる言葉になります。


タイトル通り、顧客から信頼を得るために言われることですが、

何が、どう一貫していればいいのか、どこまで一貫していなければならないか。


答えは、全て。

と、なると思います。


マーケティングの大家、コトラー教授も言っています。

「従業員の対応まで、全てがブランディングなのだ」。


企業側が、広告やHPその他様々な場所で、情報発信する時代です。


そこには、舞台裏を故意的に見せて、信頼を得るという方法もあります。


最近では、写真、動画が配信されていますので、そこに写る景色も

重要な情報になります。


キレイに飾った商品の背景に、片づけられていない景色・・・ないですよね。


社員さんが撮影した何気ないスナップ写真など、注意が必要です。


以前に、ある有名クリエーターさんの仕事場が雑誌に紹介されたことがあります。


何も置かれていないデスク。

明るい照明であり、ムダなモノが一切排除された空間でした。


ここで、あのデザインやあのプロジェクトが創造されるのか・・・と納得します。



弊社のクライアントさんで、中古車販売店さんがあります。


整備のピットがあるのですが、見事なくらいにキレイです。


道具が、全て片付けられていて整然としています。


ターゲットが、クルマ好きの方ですし、高級車や輸入車を主に販売しており、

お客様がピットに来られることも、しばしばです。


手入れが行き届いた道具、仕事がしやすいレイアウトと掃除が行き届いた空間。

顧客は、安心して信頼出来ます。


更に、丁寧な応対と言葉遣い。

他人行儀ではなく、顧客に愛想をふりまくでもない誠実な態度。


この中古車販売店さんは、コロナ禍の中で前年比プラスを維持されています。


それは、既存のお客様方に支えられていることが、大きな要因です。


タイトルの一貫性は、新規顧客獲得やブランディングということで

言われることが多いのですが、既存顧客に対しての内容だと考えています。


変わらない、ブレない。

だから、長く付き合えます。


昨今、SNSを活用して、ファンを獲得しようというマーケティング手法が紹介

されることが多いのですが、この方法の基盤は「一貫性」になります。


これから、ますますファン化できる企業や事業が伸びると思います。