中小企業のデータ戦略

いろいろなデータを活用されていると思います。


顧客データ、販売データ、Webデータが基本ですが、広告されているところは

広告における効果計測のデータも重要です。


ところが、データを収集しているつもりでも、何も決めずに集めているだけでは

いざという時に、使えないこともあります。


データを取得しているつもりでも、取れていなかった・・・ということもあります。


Webマーケティングでは、タグが発火していなかった、そもそも設定されていなかった

ということさえ、あります。


これは、お問い合わせいただく方や新しいクライアントさんのところで、よくある話で

データがなければ、テストに時間を要したり、データを整理するために労力を費やしたりと

非常に大変です。


単純に、自社でチェックしてください。


と、伝えたとしても、どのデータが必要で、どのようにデータを分析すればいいのか、

ということについて、決められていなければ、どうにもなりません。


先ず、自社のマーケティングモデル、ビジネスモデルにおいて、何の数字が重要なのか、

どのような数字が必要なのか、ここからスタートです。


経理システムと基幹システムが連動している場合には、会計データとして収集されていても

補助科目や部門設定などが行われていなければ、区分が出来ない場合もあります。


又、SNSを活用されている場合には、各媒体における指標も重要なデータです。



例えば、Aという商品の売上が全体の20%を占めるとします。


そのAの売上が上がるためには、どのように集客し、・・・成約というプロセスや

新規顧客と既存顧客の割合や、Aという商品と一緒に売れている商品などというように

様々に切り口があります。


更に、月次で確認すること、週次、日次というデータもあります。


売上という結果に至るまでには、いくつもの事実が存在していますので、

その事実をデータとして、計測し収集し、分析可能な状態にしておくことで、

異常値が計測された場合には、改善点が見つかりやすくなります。


実は、マーケティングはデータを基盤に行うことが多いことから、地味で地道な部分が

大半であり、日々の積み重ねが重要です。


日常業務に追われていると、データ整理どころではなく、データ戦略など遠いところかと

思いますが、この足元の整理こそ、次の売上と利益を生む金脈です。


金脈が途切れないように、日ごろからのメンテナンスやケアが重要です。