中小企業のメディア戦略

マスメディア、ソーシャルメディア、ウェブメディアと多くのメディアがあります。


これまでのアナログメディアも健在ですし、マスメディアの代表であるTVも地上波、

デジタルと細分化しています。


ソーシャルメディアは、すっかりインフラ化しており、使っていないことが

ビジネス的にも、不利な状態となってしまいます。


更に、ウェブ内でも、新興のメディアが次々に台頭しています。


記事を書く、その記事を売れるというものや、ワンコインでスキルを売るというもの。


個人がラジオ局のように、音声で発信するもの。


ユーチューブチャンネルは、個人のテレビ番組のようなポジションとも言えます。


ひと昔前は、マスコミに取り上げられることや、PR戦略が注目を集めた時期があり、

確かに効果もありました。


今も効果がないとは言えませんが、継続的な効果やビジネスの影響度を考えると、

ソーシャルメディア、ウェブメディアの影響力は非常に大きいものです。


このような環境の中、中小企業がどのメディアに、どれぐらいの時間と労力をかけて

費用対効果を上げていくのか・・・。


都市圏と地方都市、顧客の年代層、商材特性などで、異なるわけですが、

戦略的に取り組む必要があります。


中小企業は、新しいもの好きです。

だから、何にでも取り組んでしまいます。


しかも、【無料】であれば尚更です。


フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブ等が代表格であり、無料で使えることで

取り組みやすいものではありますが、そこに戦略がなければ機能しないと言えます。


マーケティングでは、ステップと呼んだり、導線設計と言われることがありますが、

自社のステップや導線設計を考えることが、メディア戦略の大きな軸になります。


1つの媒体で完結することもあるでしょうし、いくつかの媒体を組み合わせる必要が

ある場合もあります。


クライアントさんの例ですが、対象顧客が20~40代の女性です。


インスタグラムの投稿 → LINE登録


という流れを戦略的につくることで、予約数が大幅に増加しました。


LINE登録数は、前年比170%を超えています。


導線的には、インスタグラム → LINEとシンプルなものですが、

インスタグラムに投稿する企画、内容などは、毎月のプロモーションとして

発信しています。




これからのマーケティングは、メディア戦略が突破口の一つになります。


そうなると、コンテンツの内容や制作も、非常に重要です。


加えて、メディア戦略には、メディア毎の広告も含まれます。



これらを総合的に戦略的に構築していくことで、次のステージへの扉を

開いていけるものと思います。