中小企業の新商品開発法

中小企業こそ、新商品や新サービスの開発が必須である。


同じ商品、同じサービスを続けていて、価格競争になっていないとことがあるだろうか?

競合先が、存在しないところがあるだろうか?


顧客が流失したままで、新規顧客獲得が困難になっていないだろうか?

競合激化が続き、顧客獲得コストが高騰していないだろうか?


これを、広報、広告はじめ、SEOやSNS、〇〇マーケティングだけで解決できるかと

言えば、限界がある。


ライフサイクルが終わった商品は、戦えない。

競合激化している広告環境の中では、資本力がモノを言う。


つまり、同じ商品・サービスでは限界があるというのが現実である。


だから、新商品・新サービスが必要になる。

しかし、このことを継続的に取り組む中小企業は多くない。


確かに、時間も労力もかかる。

コストもかかる。

新しいモノやサービスを生み出すのは、パワーが必要である。


ゼロから生もうとすると無理がある。


既にある、足元の経営資源を生かして、ゼロからではない生み方もある。


既存のモノとサービスの組み合わせでも、可能性がある。


見つける方法・・・既存顧客の対応を整理してみる。



・当たり前としてやっていること。


・特別な対応としてやっていること。


・リクエストとしてやっていること。


これらの中に、ヒントが隠れている。


そして、競合他社は、最も参考になる。


自社の商品とサービスを、比較する、整理する。


それだけで、自社に欠けているモノやコトが見えてくる。



全く新しいモノやコトを生み出すのが理想ではあるものの、

その前段階で、やれることもある。


中小企業にこそ、新商品開発は必要である。