中小企業の経営計画

大企業の経営計画と中小企業の経営計画の大きな違いは、

リアルさにあります。


大企業=上場企業と考えると、リアルでなければ株主総会はじめ

様々な報告書を作成するのですから、チェックが入ります。


大企業では、中期経営計画を中経(ちゅうけい)と呼び作成します。


会計基準も、売上や経費配分も正しく配賦されているのですから、

数字を疑うことなく、計算出来ます。(裏に何もなければですが)


概ね3~5年先のことを書かれていて、それから次年度の事業計画が

策定されていることがほとんどです。


株式投資などをやられている方は、アニュアルレポートやIR情報をチェック

されているので、見ている方が多いと思います。


そこで、中小企業の経営計画について。


ほとんどが会計をベースにして作成されています。


大企業との違いがこの部分です。

大企業は、事業単位での計画になっており、緻密です。


事業を中心として、経済環境や業界背景、先を見通して取り組むべき課題や

収益構造から、事業計画に落とし込んでいきます。


ところが、中小企業は、売上という会計の勘定科目にまとめられた数字で

前年比プラスマイナスとしてしまいがち。


売上も、商品構成比や部門構成がある場合には、伸びているところもあれば

衰退していところもあるはずです。


主要部門が下落傾向にあることは、理解していても数字としては見たくない現実ですから

目を背けたい気持ちはわかります。


しかし、この部分が最も重要なところであり、分析し検証し、予測しなければならない

部分と言えます。


つまり、中小企業の経営計画も、自社の売上を分解し、経済環境や市場環境、商圏状況や

顧客動向などを考慮して、分析し予測する必要があります。


競合環境が厳しくなれば・・・、価格競争が厳しくなれば・・・と状況に対応するための

対策を講じておく機会が、経営計画ということです。


中小企業で、この経営計画を策定出来るのは・・・代表である社長になります。


精神論ではなく、机上の空論ではない、リアルな経営計画であれば先が見えます。


そのためには、マーケティングもマネジメントも重要です。


どう集客し、どう売上を上げて、利益を確保するか。


利益をどう分配して、将来にどう備えるか。


今となっては、笑い話のようなことですが、決算書の売上数字から単純にプラス〇〇%

を目標として、経営計画を立てて発表して、自己満足していた時代があります。


私が会計事務所に勤務していた時代(もう20年以上前ですが)は、このようなことが

日常茶飯事であり、金融機関までが、このような計画を褒めていたのですから、

ダメになるはずです。


一昔前までは、経営計画に関してはセミナーや書籍も目にしましたが、最近はありません。


しかし、大企業は継続してやっています。

ここも、中小企業と大きく違うところです。

一過性ではなく、事業を継続するから必要だということなのです。


日々の業務で忙しい中小企業ではありますが、経営計画に取り組むことで、

見えてくるものがあることは、確かです。


弊社も、本年度はしっかりと経営計画に取り組む予定です。

今回は、自省も含めて書いています。


転ばぬ先の杖・・・ではなく、転んでも杖を取るための経営計画にしたいと思います。

くれぐれも、絵に描いた餅にならないように。


中小企業の経営計画は、総じて肩の力が入り過ぎていたり、声高です。


そうではなく、代表者である社長自身が楽しみながら、又は楽しみを見出すための

経営計画を作成するようになるべきだと思います。


楽しむことで策定された経営計画であれば、スタッフにも楽しみが見いだせるはずで、

そのような経営計画が理想です。


経済情勢、事業環境は刻々と変わるものの、それに対応し適応するのが経営です。

その方針をつくる【経営計画】。


カタチだけではなく、事業のために必要です。