中小企業の経営資源活用:ヒト編

ビジネスを成長させる、進化させる、変革する・・・という新しい取り組みにおいて

社内の経営資源を活用することは、当たり前です。


最も重要な、ヒト。


経営者側が知らない、スタッフのスキルや能力が必ずあります。


実は・・・、●●に詳しい、○○がわかる、出来るということです。



日ごろからコミュニケーション?・・・忙しくて無理です。


誰かにチェックさせる?・・・裏アカウントの話かもしれませんから、わかるかどうか。



どうすればいいかは、最終的には、自主性に委ねるとなります。


やりたい人・・・手が挙がることは少ないかもしれません。


現状は、負荷をかけるだけになりがちです。

本来であれば、対価が発生しますし、労いも必要です。



ここで、問題が出てきます。


それは、スタッフから組織が信頼されているかどうか・・・という点です。


こんなことを言うと、経営者側から嫌われそうですが、

信頼されていないと力を発揮してくれるはずもありません。


ですから、経営資源活用の部分で、ヒトを活用しようとする場合には、


・対価と評価の仕組み

・信頼関係


の両輪がないと回らないとなります。


適材適所という言葉もありますが、中小企業は、ほとんどが兼務。

更に、新しいこととなると、プラスアルファ。


何かがなければ、動くはずもありません。


そもそも、新しい取り組みは、投資です。

そこに、人件費も換算しておく必要があるのも当たり前です。



単純な例ですが、クライアントさんのところでのSNS投稿。


こんな投稿、あんな投稿をしようと、企画のミーティング。

そこで、スタッフの一人が、ある分野にとても詳しいことが判明。


本人の意向もあり、任せてみました・・・大正解。


SNS担当としての手当、それまでの残業代などは当たり前です。


そして、

フォロワーも増える、問い合わせも増えるという結果です。



中小企業経営は、ヒト・モノ・カネが足りません。

だからこそ、そこに工夫をする必要があります。


ヒトの部分での工夫をすることで、人も組織も伸びていきます。


次回は、モノに関することについてお伝えしてみます。