中小企業の販路拡大・販路開拓法

中小企業の販路拡大・販路開拓法は、インプットすることです。


多くの情報、経営ノウハウ、テクニック、ありとあらゆるものをインプットしなければ

ビジネスを突破できるヒントやアイデアは、アウトプットされません。


多くの経営者が、一つのノウハウやテクニックに傾倒しがちなのですが、

たくさんのインプットを行い、判断した上で決断していればいいのですが、

煽られて、踊らされて、ノウハウに依存するのは、NGです。

このように失敗する経営者を大勢見てきました。


当たり前のことですが、自分のビジネスは自己責任。

だからこそ、販売不振や販路拡大、販路開拓は、必死にやるべき最優先事項です。


書籍、ネット検索、SNS等、情報収集するところは多々あります。


業界情報や動向、同業者情報は、必須です。


しかも、何かでヒントやアイデアを得たとしても、具現化するには準備が必要。


更に、そのプロセスでは、戦略的事項や体制整備も行うことになりますので、

一朝一夕には、カタチになりません。


しかも、カタチにしても、先ずは滑りますし、転びます。

マーケティングの成功確率は、30%以下なのですから。

(3割バッターで優秀ですから)



中小企業施策・・・補助金・助成金、様々な悩みに関するコンテンツが

ありますが、肝心な販路拡大・販路開拓については、ほぼ皆無。


各行政の商談会や展示会などのマッチングは、これまで多数が開催されていましたが、

コロナ禍でほぼ中止。


実際に役立てた中小企業さんもいらっしゃるものの、少数だと思います。

自分の周囲では、ほとんど成功例を聞いたことがありません。


結論的に言うと、中小企業の一番欲しい販売不振に役立つノウハウやサポートは

存在しないということです。


約10年前までは、商工会議所の依頼を受けて、全国各地で講演していました。

テーマは、「売るためには」というマーケティングです。


しかし、手応えがあったかと言えば・・・残念ながら質問される方も、実践される方も

非常に少なかったのが事実。



本来、中小企業は、貪欲に知識と情報を吸収すべきです。


突然に閃くことは、ほぼありません。

だからこそ、インプットし続けることが大事です。


更に、インプットしたら、自社では何が使えるのか、どう使えばいいのか

ということを、出来るだけ具体的にアウトプットしていくことです。


現場レベルまで落とし込んでアウトプットする癖をつけることで

本当に使えるのか、今、使うべきなのか、どう使えばいいのか、

ということが見えてきます。


未だコロナ収束の兆しは、見えず。

以前のビジネス環境には戻ることはないということは、誰もが感じており

理解はしていると思います。


しかし、どうすればいいか・・・それは神のみぞ知るだと思います。


だから、今の時期から、足掻いて、粘って、踏ん張れるように

慣れておくことが大事だと思います。


販路拡大・販路開拓を、自ら切り開く努力と工夫が必要です。