中小企業のDX活用(デジタルトランスフォーメーション)

見たことがある人は、少ないと思います。


経済産業省の

デジタルトランスフォーメーションを推進するための ガイドライン

(DX 推進ガイドライン)

https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf


見て参考になるか・・・補助金や助成金を申請されるところは、見ておくと

トランスフォーメーションとされている変革の定義等、施策の意図がわかります。


参考になるサイトとしては、ミラサポプラス

https://mirasapo-plus.go.jp/hint/15869/


この施策目的を一言で言うと、「他の会社よりも儲かる仕組みをつくること」

と、いうことらしく、IT化とDX化は違う等と書かれています。


中小企業には、高い次元のような気がします。


先ずは、IT化と言われている効率化が先。


会計はじめ、システムで出来ることを増やせば、その分の労力を他に使えます。


上記サイトでは、IT化で業務効率し、働き方改革することでDX化という事例が

掲載されていますが、中小企業の現場は、常に人手不足。。。


IT化でもDX化でも、労力が空いたら、他で使わなければ新しいことなど出来ません。



中小企業のDX活用法・・・これを逆から考えてください。


新しいことをやるには、社内の人間を〇名確保して、週〇〇時間を稼働させる。


そのために、システム化すれば・・・という具合です。



実際に、弊社のクライアントさんにおいては、今から取り組むところもあれば、

既に、数年前から取り組んで効率を上げて、新しいことが進んでいるところもあります。


最もダメなパターンは、やるつもりで、社内の人間を調整して・・・時間が過ぎるという

結果的に、動いていないというパターンです。


思い切って、システム化。

覚悟して、外注化。


この2つに取り組むことで、社内の労力、社員の時間を確保することで、

新しいことに取り組めます。


ちなみに、私のようなコンサルタントがサポートに入る場合には、

これまでと違う業務が増えたり、負荷がかかります。


だから、先にやっていただくべきは、効率化はじめ、労力と時間の確保。


コンサル来ました、仕事増えました、疲れてやりたくないので結果出ません。。。

という、最悪のパターンになりかねないのです。


コンサルを例に挙げましたが、社内での新しい取り組みも同じです。


中小企業は、暇な人はいないはずですので・・・、新しい人を雇用するよりも、

先ずは、社内の人員で調整することが、DX活用法のはじめの一歩です。