中小企業のSNSエンゲージメント対策

エンゲージメントは、各SNSで使われる用語ですからご存じの方も多いと思います。


要は、投稿に対して反応してくれたことを総称して【エンゲージメント】と

呼ばれています。

(各SNSで、定義が異なりますので、検索してみてください)


ところで、フォロワーが増えた、チャンネル登録者数が増えた・・・と

いうのは、アカウントを運営していく上で楽しみでもありますし、

この数が、将来の顧客と考えれば、気にするのは当然です。


投稿からオンラインショップへアクセスが増えたり、YouTubeからアクセスが

増えることで、問い合わせが増えたりと、様々なアクションがあります。


ところが、SNS上では、たくさんのいいね!が押されているにも関わらず、

YouTubeでは、何万回と動画が再生され、チャンネル登録者も増えているにも

関わらず、アクセスが増えない、コンバージョンが取れないということは

多い現象です。


どのような対策を講じるか・・・。


先ず、エンゲージが発生することは、とてもいいことです。

いいね!やフォローは、好感を持たれているということですから。


そこで、投稿を続けるわけですが・・・ここで目的を見誤ることがあります。


そもそも、SNSをやっている目的、最終ゴールがあるはずです。

そのためには、投稿して、いいね!やフォローしてもらって・・・次。


次は、その方たちに特別なアプローチを。


そこで、広告を使うということです。


Web広告は、オーディエンスという設定が出来ます。

これは、ウェブサイトを訪れた人とか、いいね!した人とか、フォロワーというように

セグメントできる機能です。


Web広告では、リターゲティングと言われる広告手法になるわけですが、

業界によっては、そもそも出来ない業界もあります。


ところが、SNSでは出来るということもあるのです。


こうなると、使わないよりも、使った方がいいですよね。


SNS=無料、と認識されていると、広告費を使うことがもったいないと

思う方も多いのですが、SNSをやっているのだから、広告を使わないのは

もったいないと思うのです。


もし、オーディエンスに対して、広告を配信するも上手くいかなければ・・・。


広告企画や内容に問題がある場合が、多いです。

これは、トライアル&エラーでテストし続ける以外ありません。


ところが、それでも上手くいかない場合には・・・

見込み客とは違うオーディエンスを集めてしまっている可能性もありますので

投稿内容の見直しやアカウント運営の見直しも必要になります。


SNSが一般化する前は、Web広告でテストする他なかったことが、

好感を持ってくれているオーディエンスを集める、そしてそこに広告配信できるという

2ステップかかりますが、確率が上がる方法を試すことが出来ます。


SNSのエンゲージメント対策、やられていなければチャレンジする価値あります。