中小企業のSNS戦略 投稿 vs 広告

各SNSで、ユーザーの年代層や性別、使われ方等が違うことは、

皆さんもご存じの通りです。


今回は、ベーシックな考え方ではありますが、SNSをサポートしている方々も

あまり声高には言わないことを、お伝えしてみます。



各SNSが、投稿で上手くいく場合とは・・・。


そうです、適切な投稿を、日々何度も投稿すること。


適切な投稿ということは、内容がターゲットにマッチしている必要がありますし、

何度も投稿するので、時間と労力を費やします。


しかも、フォロワーが増えました、チャンネル登録者数が伸びましたとしても

実際に、ビジネスにどのような影響を与えたかという貢献度が、測定されていなければ

下手をすると、時間の無駄になりかねません。


ある業界で、インスタグラムで新規獲得を伸ばしているところは、同じ業界で

アメリカのインスタグラムで伸ばしたアカウントの方法を、ほぼ真似ているそうです。


ただ、代表もスタッフも総出演、1日に5投稿以上・・・専属スタッフがいるとか。


新規獲得するというステージまで、たどり着けたのは1年以上と聞きます。


つまり、1年以上をひたすら投稿して、結果を待つということです。


長期的な効果や、更にSNS媒体にターゲット層が存在し続けるとしたら、

非常に効果的な施策です。


ある意味、検索エンジンのSEO対策と似ています。



対して、SNS広告。


これは、お金で解決する方法ですが、私はどちらかと言えばコチラ派です。


なぜなら、効果測定も結果が出るのも早いからです。


事業などによって、SNS媒体との相性もありますし、広告のクリエイティブ次第と

いうこともありますが、様々なテストが可能です。


更に、費用は、1日:500円でも可能です。


クライアントさんの中には、1日:500円予算で新規顧客を、月間平均11名獲得。

売上は、一人当たり平均12万円ですから、100万円以上の売上を、15,000円の経費で上げています。


もちろん、広告だけではなく、投稿も最低限はされていますので、その時間と労力は

かけていらっしゃいますが、負担になるほどではありません。


広告企画や設計、設定にも費用はかかるものの、結果までの時間は圧倒的です。


中小企業のSNS戦略は、【お金をかけずに】が定石となっていますが、

見えないお金として、時間と労力が費やされています。


■■とハサミは使いよう。


上手く広告を使うことで、一気に認知も獲得も出来る場合があります。


今年も、あと2ケ月。


年末又は新年に向けたプロモーションの準備は、スタートしています。


SNS戦略、効果計測も含めて見直すことで、来年に繋がります。