中小企業マネジメント戦略の基本

多くのマネジメント戦略の書籍やノウハウがあります。


ほとんどが大企業や中堅企業向けであり、中小企業や小規模事業向けではなく

ピンとこないのが実際です。


それもそのはずで、中小企業だから。


社長の一言で、何でも決まっていくという独裁体制がほとんど。

(弊社も、そうですが・・・)


しかし、マネジメント戦略が不要かと言えば、そうではありません。

それは、一人事業でも同じです。


その基本は、

コントロールすること、しないことを決めること

から始まります。


マネジメントというと、ピンとこなくても、コントロールするとなると

お金はコントロールしないと、マズイですよね。


在庫があれば在庫も、人の働き方も、仕事の進み方も・・・と、なります。


コントロールしなくていいもの・・・出来ないものは、各人の心身の健康状態や

人間関係など。


そもそも、就業規則にも、あれはダメこれはダメと書いてはありますが、

一般的ですから、「当たり前だよね」でほぼスルーされています。


就業規則を確認するのは、社員の休職や懲罰ぐらいしかないかもしれません。


コントロールしたい事項を決めれば、必要なのは【ルール】です。


5W1Hで決めていくのが、最もシンプルです。


往々にしてあるのが、「誰かがやるだろう」、「前は誰かがやっていた」と

属人的にコントロールされていること。


「以前は、やってました」・・・新しいクライアント先でよく聞きます。



なんで、今やってないんですか? と質問すると、○○さん担当となっており

退職を機会に、大事なことが放置されていることもあります。


こんなカンタンなことが出来ていないの?と思われた方は、優秀です。


これが出来ていれば、販売管理も、顧客管理も、データ管理も出来ているはずですし、

SNS投稿も、チグハグにならずに済みます。


今後、ますます顧客リストは重要であり、販売データや顧客データの分析に基づく

施策を検討することになると思います。


思いつき、行き当たりばったりで取り組んでいても、通用しない時代です。


来年度に向かう時期です。


コントロールしなければならないこと、要チェックです。