中小企業マーケティングデジタルシフト

中小企業や小規模事業こそ、マーケティングをデジタルにすることで

これまでの集客や販促、セールスが変わります。


既に、多くのところが取り組んでいると思いますが、地方都市になると

状況が一変します。


経営者側が、デジタルのマーケティングがわかるかと言えば・・・。


セミナーや本で、やれSNSだのYouTubeだのと言っているので、

参加して、「確かに重要だ」と取り組むものの、集客は出来ないまま。


誤解を恐れずに言いますが、セミナーや本では、本当のところは

伝えきれないのが事実です。


それぞれの会社で、環境や状況が異なるのですから、汎用的なノウハウとして

セミナーや本で紹介されている内容は、SNSやYouTube、Web広告の入口。


その後は、もちろん費用をかけて・・・、となります。


自分たちで出来るようになるには・・・専門の人材や代理店になります。


しかも、その専門の人材や代理店のレベルやスキルがわかるか・・・。

経営者側には、雲の中です。


つまり、多くの中小企業が、マーケティングをデジタルにしているつもり。


本当のところは、掴めないまま進んでいます。


前述のセミナーや本を入口として認識して、それから先を知ることが重要です。


知る方法?


自社で、経営者も参加して理解できるように、やってみる。

多くの専門家や代理店に相談してみる、提案してもらう。

費用がかかっても、テストでやってみる。


やはり、自分のこととして認識しなければ、理解出来ません。


取り組む施策も、SEO、各種SNS,Web広告等などがありますが

業種・業態はもちろん、商材(サービス)、ビジネスモデル、

マーケティング戦略、広告企画によって配信方法も違います。


更に、当たり前のことですが、ターゲットの違いもありますし、

自社のHPにアクセスしたユーザーを追いかけるリターゲティングという

機能もありますし、顧客リストを活用する方法もあります。


つまり、デジタルでマーケティングを行うということは、

知識も必要ですし、戦略も組み立てておく必要がありますし、

経営資源(データやリスト)も整理されていることが重要です。


丸投げでやると、ほぼ失敗します。


今後の経済情勢、社会環境は、コロナ禍を引きずって進みます。


資本力もなく、人材もいない私たち中小企業や小規模事業は、知恵を出す以外は

ありません。


その知恵も、知識や経験、実績がなければ、時代に適応できる戦略や企画は

生まれないとなります。


更に、マーケティングをデジタルシフトするためには、コンテンツが必須。


文章、コピー、画像、動画・・・自分たちで出来る方が早いですし、

低コストは間違いありません。


つまり、デジタルシフトしようにも、このようなことを社内で出来るように

準備することも必要です。


間違いなく言えることは、デジタルにシフトしなければ

顧客とのつながりも、ファン化も、リピートもなくなります。


顧客の手の中には、常にスマホがあるのですから。


紙媒体、マスメディアが機能しないということではありません。

ここでリーチ出来ないことが、デジタルで出来るということ。


まだまだ間に合います。

中小企業、小規模事業こそ、マーケティングをデジタルシフトへ。