中小企業・小規模事業のホームページの確認と分析、検証方法の基本

事業のホームページ、公式サイトと呼ばれる代表的なサイトや事業毎に作成されたサイト、

広告用のランディングページ、といろいろありますが、確認や分析、検証の方法について

基本的なことをお伝えします。


先ずは、他のツールときちんとリンクしていること。

次に、効果計測タグが、きちんと設定されていること。


が、大前提です。


ツールとのリンク必須は、グーグルのサーチコンソール


公開しているサイトの異常や不具合をお知らせしてくれます。

その他、使い方がありますが、それはネット検索で調べてください。



次に、リンクではないのですが、グーグルビジネスプロフィールへの記載


地域密着型のビジネスでは、必須と言えます。


地図上で、ウェブサイトへのリンクがないとアクセス出来ません。


効果計測タグは、グーグルアナリティクスタグのような解析ソフトのタグ。


これは、サイトの目標(購入や申し込みなど)によって、設定します。

コンバージョンと呼ばれます。


更に、フォームから購入したり、申し込みする場合には、【フォーム到達】も

重要です。


フォームのページを確認したけれど、購入しなかった、申し込まなかったという

ことは、フォームに問題がある可能性もあります。

(ECサイトでは、カゴ落ちとして要チェックのポイントです)


このような設定も、グーグルアナリティクスで可能です。


このように設定がなされているという状況で、確認や分析、検証を行うことで

見えてくるものがあります。


例えば、いろいろな教材やセミナー、コンテンツで

【今は、スマホ検索ですから】と言われるからと鵜呑みにしてはいけません。


確かに、グーグルもMFI(モバイルファーストインデックス)として、進めていますので

間違いのないことですが、業種・業態で違います。


弊社のクライアントさんで、B2B事業の場合は、やはりPCアクセスがメインです。


確認すべき内容は、地域はじめ多くの項目があります。

ご自分の事業で、何を見たいか、見るべきか・・・検討してください。


グーグルアナリティクスの本や教材もありますが、見方を学ぶよりも、

自社事業のデータを確認していく方が、理解が早いのは当然です。


ちなみに・・・、

ホームページは、どんな検索キーワードでアクセスされているのだろう?


と思いますよね。


実は、ホームページに、どんなキーワードが設定されているかということや

どんなキーワードを意識して、内容が書かれているかが重要です。


ホームページで、最も重要なことは、【キーワード】です。


競合が多い、ビッグキーワードではSEO(検索エンジン上位対策)では難しいので

自分の事業に応じて、キーワードを設定することになります。


地域密着型ビジネスは、当たり前ですが、地域名は必須です。

(本当に、たまにですが、地域名が設定されていないサイトもあるのです)


キーワードツールは、いろいろありますので、これもネットで調べてください。


キーワードが設定されていなかったり、関連のキーワードがない場合は、

結果的に、検索されないということになります。


中小企業・小規模事業は、自社名又は商品名(サービス名)は、どこにも負けては

いけないキーワードであり、SEOでも強いキーワードになりますので、要確認です。


ホームページは、公開する前の準備も大変ですが、それ以上に公開後が重要です。


分析の前に、何を確認するかを検討することが必要になります。


分析は、何を検証するかということを決めておくことが必要です。


専門の会社や業者に依頼も出来ますが、その前にも確認事項、検証事項を

伝えておかなければ、問題を見誤ることにもなりかねません。



ところで、上記の検索キーワード。


グーグル広告の検索広告では、キーワード設定して広告しますが

どのようなキーワードで検索されたか、わかります。(検索クエリ)


この機能で、自社のSEOキーワードを強化できるという一面もあります。


オンライン化は、ますます進みます。

検索エンジンだけでなく、SNSもキーワードは重要です。


どちらが大事か・・・、どちらもです。

SNSも、分析ツールがありますので、ホームページと同様に

確認・分析、検証を。