中小企業・小規模事業の成長市場

中小企業と小規模事業の成長市場・・・もはや言うまでもなく、EC市場です。


B2Cだけでなく、B2Bも、D2Cも活況なことは、ご存じの通り。


DXとか、オンライン化・・・社内効率化だけでは、売上も利益も上がりません。

アタマ打ちが、見えています。


これからも、ビジネスを続けていく


現在、話題の書籍には、こう書かれています。


「5年後に同じビジネスをやっている企業は、消えている」


そこで、5年前を思い出してください。

当然、コロナもありません。


2017年・・・、天皇陛下の退位が発表され、トランプ大統領が就任。


GINZA SIXがオープンしています。

インバウンドの波を感じ、どこの百貨店にも免税コーナーが出来ていました。


国内市場は・・・、M&A市場が活況であり、安定回復と言われていました。


低価格戦略の大手企業が、全国的に展開し価格競争は激化の一途でした。


当時のコンサルティング内容は、いかに市場や商圏内でポジショニングをつくり、

特長を訴求するか・・・つまり、低価格競争をしない戦略を構築することことや、

新しい商品やサービスメニューを検討し、Webマーケティングにそれまで以上に

注力する方向に向かっていた時期です。


このころ、本格的にWebマーケティングに参入したクライアントさんは、急伸し

コロナの影響も少ないまま、現在を迎えています。


さて、少し話題がズレましたが、これからも成長する【EC市場】。


越境ECは、2030年まで、26.2%成長するという予測です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005786.000067400.html


国内市場のEC決済サービス予測では、2025年までに、173%の伸び。

https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2977


要は、まだまだ伸びるということ。


今更・・・ということではなく、今からです。


もちろん、どのような商材を取り扱うかうか、どのような方法で販売するか、

という部分は、リサーチして工夫が必要なことは言うまでもありません。


誰でも、EC市場に参入すれば儲かるわけではないですから。


間違いなく言えることは、数少ない成長市場であること。

ここに、参入するかしないかで、将来が大きく違うことです。


もし、今上手くいっていないとしたら、見直すべき。

伸びる要素があるのですから、これで伸びなければずっと伸びないとなります。


このようなことは、既に10年以上前から言っています。


インターネットは、間に合いますよ。

Webマーケティングは、これからですよ。


自分で出来なければ、誰かと組めばいいだけです。


EC市場を検討していない方、ECが上手くいっていない方、

チャンスが待っています。