中小企業白書・小規模事業白書を活用する情報戦略

中小企業、小規模企業経営に関しては、多くの情報がサイトや書籍で公開されています。


中小企業庁が公開しているものについて、いくつかご紹介します。


概要

https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/shingikai/soukai/2021/download/210315HS05.pdf


事例集

https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2021/PDF/2021jirei.pdf


3月、4月に作成されていますので、まだ半年前ですから最新です。


このような資料に目を通すことは、国の方向性や傾向について知ることが出来ます。


そして、この白書は、当然ながら金融機関も目を通します。


融資、補助金、助成金と、お金が絡むことで、保証協会や金融機関への説明資料として

白書の資料を使うということは、よくあることです。


要は、知っておかなければならないことの一つになります。



ところで、

今年の白書で気になったことをお伝えします。



本節では、

中小企業が抱える経営課題や、課題解決のための相談相手の実態について分析する。


と、説明された白書の内容について説明されたページがあります。


https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2020/shokibo/b3_2_2.html


このページには、中小企業の課題実態などが掲載されていて、


人材の確保や育成、営業販路開拓などの項目が並びます。



そして、これらの課題を解決するために誰に相談するか・・・


という項目があるのですが、誰の割合が一番多いと思いますか?


同業者の経営者仲間


経営陣・従業員


取引先


以上、3項目で、50%以上を占めています。


私の立場からすると、「だから、上手くいかない」となりますが、

異なる立場から見ると、実は【チャンス】です。


上手くいかない中小企業や小規模企業のほとんどが、同業者や経営陣という

非常に身近なところしか頼るところがないことと、取引先にも情報を

求めているという事実があります。


特に、B2B取引では効果が期待できる可能性大です。


B2Cであっても、取引先との交渉はじめ、新商品や新規事業などの

チャンスが拡がります。


問題は、この事実をいかに活用できるか。


取引先への情報提案は、昔からやられてきたアプローチ手法です。


ただ、属人的な側面が強く、出来る人と出来ない人の差が大きくありました。


しかし、今はネットの時代。


文章も、画像も、動画も無料で使い放題です。


会社として、事業として、この状況を情報戦略として使わない手はありません。


いかに情報を引き出し、どのように加工して、情報提供していくか。



先ずは、取引先の経営課題を知り、その情報を提供をし続けることで、

距離は、近くになるはずです。


このように白書はじめ、公開されている資料は、使える部分もあります、


B2B,B2Cともに、情報戦略はこれからの時代に、ますます重要です。