中小企業経営の相乗効果(シナジー)

他社と組むというアライアンス(提携)はじめ、業務委託して効率化を図るなど

中小企業として、いろいろな経営のカタチが出来るようになりました。


新しい事業に取り組む際にも、自社だけではなく、外部との連携で可能になることも

多くあります。


弊社も例外ではなく、外部との連携や委託というカタチで、様々な業務やプロジェクトを

こなしています。


そこで、上手くいく場合と上手くいかない場合の違いがあります。


それは、【ルール】にあります。


外部との場合は、契約書を結ぶというのは当たり前ですが、契約書だけでは書ききれないことや決めきれないことが、多くあります。


このことを、最初に決めておくかどうかで、その後が違います。


そのために、もう一つ必要なことが、主たる側が業務内容を理解しておくこと。

そして、管理することです。


そんなことは言うまでもない・・・と思われるでしょうが、意外と多いのです。


ややもすれば、相手の専門分野だからということで、「丸投げ」というカタチになると、

コントロール不能に陥ります。


専門分野がわからないにしても、業務遂行プロセスは理解しておかなければ、

管理が出来なくなります。


このことは、社外だけではなく、社内にも該当します。


社内の場合は、「伝言ゲーム」と考えていただくとわかると思います。

最後に伝わった時には、別の意図や内容になることもあるのです。

しかも、専門分野があれば、尚更です。

伝える人が、わからないまま伝えるのですから。



加えて、上手くいく場合には、【決裁】と【指示】が明確です。


誰が決裁するのかということが明確であれば、自ずと指示も明確です。


しかし、決裁に時間を要したり、決裁したかどうか曖昧な状態であれば

保留と同じですから、いつまでも進まないことになります。


つまり、社内のルールと決裁・指示が明確でなければ、外部との連携も

上手くいかない場合が多くなります。


多くの中小企業は、ルールが苦手です。


社長の鶴の一声で決まるというのは、メリット・デメリットがあります。

朝令暮改は、当たり前になっているかもしれません。

このような場合、社長自身が牽引するスタイルでは、いいと思います。


しかし、これからは・・・やはり社長だけではなく、内部のスタッフや

外部との提携で、事業を展開していくことで、スピード感もレベルも上がります。



今後、国の中小企業施策として、事業再構築はじめ産業構造転換や労働環境変化は

余儀なくされる部分になると思われます。


だからこそ、経営における相乗効果が、最大限以上に発揮できる環境や状態を

整えることが重要になります。