全方位マーケティング

緊急、至急、可及的速やかに・・・売上を上げなければならなくなったら?

どうしますか?


そんなことあるの? と思われるかもしれませんが、あります。

実際に、相談を受けます。


急激に売上がダウンすること、あります。


新型コロナもそうでした。

これから起こらないとも限りません。


経済情勢、市場環境、顧客動向で、急に集客が止まることもあります。


こういう場合の対処方法や対策も、アタマの片隅に入れておくと

慌てずに済みますし、常日頃からの準備も怠らずに済みます。


そこで、自社における全方位のマーケティングはどうすればいいか?

そのために、時間と労力、費用はどれぐらいかかるのか?


概要と概算を掴んでおくことは、転ばぬ先の杖になります。


概要のポイントは、スグに出来ること。

準備していることがあれば、直ちに取り組めます。


1.既存顧客へのアプローチ


これが最も効果が見込めることになります。

ですから、顧客リストは財産です。


企画が重要です。


ここで、低価格の企画をやることが間違いか・・・私は、そうは思いません。


新規顧客へアプローチする時間と労力、費用を計算した場合には、

ほぼ間違いなく、既存顧客へのアプローチが有利はなずです。


2.SNSデジタルコミュニティへのアプローチ


フェイスブック、インスタグラム、YouTube等、SNSのフォロワー等への

アプローチは、全くの新規顧客よりも有利なはずです。


3.近隣、取引先へのアプローチ


リアルなローカルビジネスの場合には、近隣はハズせません。

近隣からの認知度がある場合には、アプローチする価値があります。


もちろん、取引先は必須です。


お気づきと思いますが、自社から近い距離からアプローチします。

アナログもデジタルも。


ですから、どちらもやっていないと、このような場合にアプローチする先が

少なくなる・・・と、なります。


これだけのことをやってから、新規顧客へのアプローチです。


4.新規顧客獲得へのアプローチ


媒体選定やツール作成など、急ピッチで進める必要があります。


仮に、チラシ。

内容や企画、印刷や折込場所など等・・・それなりの期間がかかります。


Web広告だと・・・。

企画、広告アカウント(取得していなければ、取得から)設定、

広告作成(画像、テキスト(広告文)、動画など等)や配信設計、

更に、ランディングページ(広告用ページ)と、こちらもヘビーです。


そして、経過次第では修正や改善の必要があります。


5.新商品、新メニュー、新サービス等によるアプローチ


上記4までは、既存の商品やサービスによるアプローチと考えた場合には、

次の段階では、新しい商品・サービス、メニュー等をリリースして

既存顧客と新規顧客の両方にアプローチします。


つまり、1~4の繰り返し。


実は、このプロセスについては、準備していれば出来ることです。

厳しい言い方ですが、やっていないから、慌てることになります。


最後に、このようなことに取り組む上で、絶対条件があります。

それが、【データ】です。


顧客リストがあります・・・メールアドレス、電話番号(特にスマホ)があれば

Webマーケティングの際に、非常に有効です。


住所・名前、固定電話・・・Webマーケティングでは役不足のデータです。

このように、データもアップデートしておくことが必要なのです。


更に、販売データと顧客データを連動できる等、データ活用の基盤がなければ

上記の経営判断や対策、企画や内容が現場と乖離することになりかねないのです。


全方位マーケティング、考えてみることで、日常のマーケティングにも役立ちますし、

年間のプランニングを組み立てることが出来ます。


やってみる価値があるシミュレーションです。