売れるための情報提供と発信

顧客に買ってもらうために、選んでもらうために、

ホームページやLPで、様々な情報が発信されています。


自社の強みや特長はじめ、経歴や実績。

商品(サービス)の特長、お客様の声など・・・。


競合他社と比較して、どうでしょうか?


似たような内容になっていませんか?


比較されて、同じ内容が存在しないというのも問題ですが、

ほぼ同じような内容では、顧客は選択に迷います。


結果、決まらないとなってしまいます。



そうであれば、顧客側から考えてみることをオススメします。


顧客から質問されること、確認されること。


顧客が不安に思うこと。


これらについて、回答を用意することが、有効な情報提供になります。


又、発信する際には、どこで発信されているでしょうか?


SNS・・・各媒体で、顧客層が異なります。


SNSを見るモードも違います。


顕在層(既に、あなたの商品やサービスを探している)への

アプローチをする場合と、潜在層では内容が異なります。


出来れば、顕在層にアプローチしたいと考えますので

【検索広告】という手段が多いのは、当然です。


しかし、昨今のSNSは検索行動が見られます。


YouTube検索は、当たり前になりました。

インスタグラムも、フリーワード検索が出来るようになっています。


ハッシュタグ機能を使った検索は、

インスタグラムやツイッターでは、スタンダードです。



どの層に向けて、どの媒体で、どのような情報を提供して発信するかで

結果が異なります。


広告だけではなく、SEO対策も、まだまだ有効な手段です。

YouTubeSEOという手段もあります。


このことは、何もWebやSNSだけではありません。


セールスにおいても、どのような情報を提供するかによって、

クロージングは変わります。


情報提供の相手、情報発信の場、情報提供の内容の3つが

嚙み合って、その効果は発揮されます。


これらをチェックすることで、Web集客の戦略やSNS運営方針も

変わります。


なんとなく情報提供をしていると、顧客ではないターゲットを集めている

可能性もあります。


売れるためには、有効な導線設計が必要です。