売上アップのための市場選択について

成長市場とニッチ市場、売上アップのためにはどちらがいいのか?


市場が成長していなければ、売上アップが難しいと考えてしまいます。


ニッチ市場が極端であれば、そもそも顧客が少ない可能性大。



私は、どちらも選択するのがいいと考えています。



成長市場であれば、その市場の中で、ニッチを探す。


ニッチ市場であれば、成長部分を探す。



成長市場におけるニッチの多くは、トレンドやブームが関係します。


例えば、オンライン通販。


新型コロナの影響で、大きく伸びました。

しかし、似たようなところ、価格競争が始めり、アッという間に環境が激化。


ところが、市場は伸び続けています。


参入するには・・・異業種にヒントがあります。

更に、社会や消費動向の傾向があります。


エコやSDGsは、典型です。


オンライン通販に参入するチャンスの時期ですが、そこにコンセプトやテーマが

なければ、支持されないとなってしまいます。



ニッチ市場でも、成長分野があります。


その成長分野は、やはり【トレンド】になりますが、

ニッチ市場では、現顧客からのアンケートやヒアリングで消費傾向や行動を

把握することで、市場の可能性を探ることが出来ます。


オンライン上では、検索すると「なんでもある」と思いがちですが、

実は、ニッチな市場が多く存在します。


弊社クライアントさんが、事業再構築補助金で採択されたビジネスも

オンラインであり、ニッチ市場です。

しかし、勝算があっての参入です。


端的にお伝えすれば、たったこれだけのことなのですが、

しっかりとリサーチすることで、ビジネスの可能性は無限だと思います。