広告表現とリーガルチェック

広告をやっていると当たり前ですが、表現には規制や基準が存在ます。


薬機法、景表法は代表的であり、ネット広告では、それぞれの媒体に

独自の審査基準があります。


最近は、画像や動画の広告が多いことから、画像も動画も制限されています。


ご存じの方も多いでしょうが、フェイスブック広告の画像には、文字は20%とか、


どこの媒体もそうですが、女性を強調するような画像を使用するのは、NGだとか。



更に、素材集からの画像使用も、商用利用可であるかどうかをチェックしないと、


とんでもない額を請求される等の問題も発生しています。



広告やデザインは、なんとなく出来てしまう危うさがあります。


一緒にすると怒られるかもしれませんが、プロの料理人と主婦がつくる料理は、


明らかに味は違うのですが、見た目だけは、なんとなく似せることが出来ます。


ですから、広告もデザインも、「なんとなく出来てしまう」という状態になるのです。



知らずに広告を出してしまうと、最終的には広告を出せなくなることもあります。



今後、広告はますます重要になると考えています。


それは、SNS広告市場の成長が物語っています。


フェイスブックやインスタグラム、ユーチューブ、TictokのSNSのユーザーは、

問題を解決したい顕在層ではなく、なんとなく見ている潜在層です。



その潜在層を振り向かせて、興味を持たせ、教育し、申し込みをしてもらうと

なると、その労力は今までの「刈り取り型広告」とは異なった広告モデルと


集客戦略を行い、ビジネスモデルを構築することになります。


そうなると、これまでの広告とは違ったトーン&マナーかもしれませんし、

テスト広告のパターンも増えていくものと思います。


そこで、リーガルチェックを忘れずに。


広告表現を、いくつも制作するとなると、ブランディングやブランドイメージにも

きちんと配慮しておく必要もあります。


つまり、

言葉の表現(キャッチコピー、コピーライティング)、画像も動画も注意が必要です。



これからは、広告表現やクリエイティブは、質の時代から量の時代になると感じています。


多くを企画し、制作し、テストする。


その中から、反応率のいい広告を採用し、反応が落ちる前には次のテスト・・・。


と、いう具合に、今でも伸びている企業は、このサイクルです。



多くの中小企業も、広告を学び、表現をわかる(まとめることが出来る)レベルになり、


切磋琢磨することで、各社の成長を促すのではないかと思っています。