残業より、副業。

最近では、特に多く聞かれるようになりました。


基本的には、大賛成です。


ただし、本業と副業の境界を明確にしておくことは必要で、

副業できるのは、本業が存在し、収入が安定しているから可能なのですから

本業を疎かにするということは、もっての外です。


私は、中小企業こそ、副業を取り組んでほしいと思います。


本業での利益を上げようとしても、なかなか上がらなければ

違う事業や事業分野に進出するところも出てきます。


しかし、そのために人員や費用、時間を捻出するどころではないところが多く、

組織的には、ただただ負荷がかかるだけになります。

そうなると、本業にも良くない影響が及んでしまいます。


新規事業、スタートアップ・・・聞こえはいいのですが、やはり大変です。

融資を受ける口実のところもあり、そのような場合には形式だけとなるので

社内は、ますます大変です。



中小企業の副業については、会社として副業という考え方と、社員の副業という

考え方の2通りがあっていいと思います。


会社としての副業は、利益を社員にどんどん還元していくというカタチ。

会社の取り分、社員の取り分が明確であれば、要は会社全体で行う副業です。


会社は、ここまで経費を出すから、○割の利益はもらうよ。

後は、関わった社員で、分配していいよ。


と、なればどうでしょうか?


もらえそうもない報酬制度やインセンティブよりも、わかりやすければ

社員さんは、頑張るものと思います。


実際に、クライアントさんのところで、やられています。

頑張る人は、何を言わなくても頑張ってくれています。


支払いも別にしておくことで、個人の確定申告を行うようにし、

副業といえども、個人事業であり、事業感覚が身に付きます。


副業で大事なのは、事業感覚が身に付けられることが、最大のメリットだと

思います。


稼ぐ力をつけることは、もちろん最重要ですが、すぐには上手くいかないのが現実です。


そこで、トレーニング的に、副業で事業感覚を身に付けるのは、正に実践であり、実戦。


だからこそ、副業を取り入れていただきたいと思います。


副業というのは、実はスタートアップと同じです。


自分で考え、判断し、結果を問われます。

ビジネススキルが、最も訓練される部分です。


「本業が疎かになる」という人もいますが、そうでしょうか?

本業に魅力がないから、可能性がないから、成長性がないから・・・頑張らないのでは?


それよりも、頑張れる環境や状況をつくり、そこで自分が頑張りたいことを取り組むことで

ビジネスの能力が上がれば、自ずと本業に活かしてくれるはずです。


これからの中小企業の事業戦略において、機能戦略には、【副業】という項目を

入れていただき、活性化していただきたいと思います。