消費配分、経営分配

時代が変わり、消費はネット主流の傾向に歯止めがかかりません。


インターネットショッピングが本格的にスタートしたのは、

国内では楽天市場が開設された1997年頃ですから、約25年前。


始まったころは、高いものは売れない。

〇〇は、売れるはずがない・・・と、揶揄されていました。


ところが、年数が進むにつれ、技術革新や消費動向の変化も同じように進み

さらに、たび重なる災害や昨年来のコロナ禍で、インターネットそのものが

通信インフラだけでなく、情報インフラとして、生活の一部になりました。


携帯料金のことが昨年から話題に上りますが、この費用は既に固定費です。

ひと昔前、ふた昔前にはなかった費用ですから、他の費用を削減するのが当たり前。


一般消費者の給与が、25年前から携帯料金を上回る上げ幅であれば、問題ないですが

そうではないのですから、何かを下げるしかありません。


さらに、最近では【サブスクリプション】という固定課金制度が増加。

音楽はじめ、あらゆるサービスが提供されています。


加えて、ネットショッピングでは価格比較が全国レベル。

最安値を探すのは難しくありません。


つまり、消費(給与)の配分先は、年々と変わっているということ。


年代でも違いますし、趣味や嗜好でも異なります。

違う言い方をすれば、価値観が大きく変化をし、消費が変わりました。



対象顧客が、どのように消費配分しているかを想像してみてください。


何に、どれぐらい配分しているだろうか・・・顧客の生活が見えてきます。



リーマンショック以降、消費傾向は「守り」の型だと言われています。

経済は停滞し、市場は縮小し、給料は上がらないという環境。

将来に、生活が向上する、給与が上がり続けることは考えられない状況。


故に、「何に、いくら」と配分され、その中に【固定費割合】が増加することで

消費傾向が変化するのは、当然だと言えるわけです。


そして、あなたの商品・サービスは、必要とされるのか、欲しいといわれるのか。

あなたの商品・サービスのことを知っていたか、知らないか。


要は、変動費部分に該当する商品・サービスは、今後ますます工夫が必要だと

思います。


既に、大変になっている業界は存在し、皆さんもご承知の通りです。



タイトルには、経営分配と書いています。


分配とは、経済学では「お金を、どう配るか」という意味です。


ちなみに、配分は、割り当てて配るという意味ですから、

消費配分というのは、何に使うか割り当てているということです。



お金を何に使うかで、今後の経営が大きく変わっていきます。


単純に「DX」や「オンライン」ということではなく、大きな流れを把握して

どのようなビジネスモデルを構築するかで、継続も成長も決まります。


前述していますが、あなたの商品・サービスを知っていると知らないとでは

購入や申し込みなど、消費行動に大きく影響します。


これも、言わずもがなですが、皆さんご自身も同じだと思います。

知っているから、信頼する、安心する。

知らないから、警戒する、疑ってかかる。


つまり、【知られる工夫】が必要です。


無料ツールとしては、SNSだと思います。

ここに、経営的に配分するとしたら、・・・人と時間。(これもお金ですし)

しかし、アプローチ(リーチ)する限界があります。


そうなると、

費用を支出して、広告となります。

地域密着型のビジネスでは、看板も、チラシも、まだまだ有効な手段です。


都内では有名な歯医者さんがありますが、なぜ有名か・・・都内主要道に

たくさんの看板が出ていて、知名度があるからです。

(もちろん、技術力も高いということですが)


東京西部の都市なのですが、都内及び近郊に、知れ渡っています。


ネット広告にあっては、さまざまな媒体(検索エンジン・SNS)がありますが、

地域条件を絞り込めるので、地方都市でも十分に効果を発揮します。


長くなりましたが、消費傾向にもとづく配分を予想し、合わせて経営分配する。


戦略再構築の準備を始めていただきたいと思います。