経営改善ポイント【時間】

私たち中小企業の多くが、コロナ禍の影響の受けて、

経営改善を余儀なくされるという状態にあります。


オンライン化、ビジネスモデルの変更、事業再構築・・・。

言葉ではわかりますが、カンタンではありません。


売上減少、販売不振という直接的な部分を、急遽リカバリーしようとしても

余程のことではない限り、難しいのが現実です。


スグに取り組めることとして、経費削減と資産取り崩しとなるのですが、

このことは、一度行うと次の効果は期待できません。


原価にしても、人件費・販管費にしても、削減できる限界があります。


そして、次に行うのが・・・売上回復のための施策となりますよね。


ところが、タイトルに書いた【時間】を忘れていると、新しいことにも

思うように取り組めないという状態になります。


誰かの頑張り・・・残業で取り組むにしても、時間外手当になります。


社長や役員という時間外手当が関係ない人たちが頑張れば・・・と

なっても、これまでの日常業務もあります。

(それまで、余裕で暇であればいいのですが)



つまり、これまでのオペレーション(やり方)を検討して、

時間=費用、なのですから、効率化する必要があります。


方法論は、どうにか時間を捻出する他ないのですから、

誰かが誰かの業務を引き継ぐか、委託や外注になります。


大事なことは、【誰の時間を捻出するか】。


ここに優先順位があることは、忘れられがちです。


全員で、少しづつの時間を削減し、効率化する方法も全体最適化には

効果がありますが、業務変更などの大幅な改善の際には、やはり大きな力が必要です。


考える → 決める → 実行する → 確認する → 変更する

という、PDCAの繰り返し。


業種・業態によりますが、最も大事なことは、【考える】。

ここが決まらなければ、進まないのですから。


そして、各人が役割を理解して、機能する。


だから、

捻出した時間で、いつまでに、何をやるか。

その後、どのように管理して、どう進めるか。


出来るだけ事細かに・・・と、なります。


要は、

新しい時間から、新しく売上・利益を生まなければならないのですから、

時間効率を考えるのは、当然です。


一時的に、全員に負荷がかかることは仕方がないとして、それが継続すると

疲弊してしまいます。


新しいことに取り組むのであれば、次への突破口を見出し、新たな可能性を

感じれなければ、続きません。


しかも、マーケティングは、七転び八起き。

最初は、滑りまくりで、上手くいかないことがほとんど。

そこを、突破するためには、時間の使い方や効率は非常に重要になります。


鶴の一声や大号令だけでは、精神論に偏りがちで効果が出ません。

初めから、滑るつもりで、小さな成功を積み重ねる・・・。


ロケットスタートではなく、スロースタートで確実に飛び立つ。


何事も、準備が8割。

急いては事を仕損じると言います。


焦らず、慌てず・・・しかし出来るだけ急いで。


組織の時間の使い方次第で、出来ることは増えます。


時間管理のことについては、自己啓発系の書籍やノウハウとして

【タイムマネジメント】として語られるますが、要は「スグ、やる」、

「とにかく、やる」というクセがつくことで、スピードは上がります。



ちなみに、弊社のクライアントさんで、2名の会社があります。

これまで、何度となく事業内容を変更したり、新しいことに取り組んできました。


出来たコツ・・・取引先と協調が出来たからです。

時間をつくるために、外部委託や外注を多用しました。

今の時代は、インターネットのおかげで委託先も見つかりやすい状況です。


経営改善・回復、そして進化・成長へ。


時間効率化、弊社でも進行中です。

(年齢的にも、無理がきかないというのもありますが・・・)