習慣化によるスキルアップ

ブログ、コンテンツマーケティング、SNS投稿、you Tube公開等など、

習慣にすることで、最初は上手くいかなくても、徐々に出来るように

なるものです。


自分のことを言えば、今年の4月からフェイスブックやブログを再開させ

当初は、まちまちだったのですが、今はウィークリー更新が出来ています。


私もこれまで、ブログもメルマガも、何度となく頓挫しています。

3日坊主どころか、1日しか出来なかったとか。


人にとやかく言える資格もありませんが、今回ばかりは違います。


本来、精神論は好みませんが、今回続いているのは「覚悟」があるからです。


覚悟という意味は、悪い事態を予測しておく、ココロの準備です。

又は、迷いを去り道理を悟る・・・これは無理です。


要は、悪い事態が十分に予測できる環境下で始めたからです。

今年の春先・・・世界中がコロナ禍に突入し、先行きが全く見えなくなりました。


そこで、自分のビジネスもともかく、出来るだけ情報発信をクセづけすることで

何らかのお役に立てれば・・・とキレイごとではなく思ったのです。


もちろん、あやよくば自分のビジネスも・・・と考えますが、そうカンタンに上手く

いかないことも、自分自身で知っているので、先ずは情報発信と考えた次第です。


習慣化出来ると、冒頭にお伝えしたように、上手く出来るようになります。

つまり、スキルアップしていきます。


スキルアップすることで、作業や業務は早くなり、時間効率も上がりますし、

結果的には、仕事の成果としてリターンがあります。


習慣化を目指す場合には、危機的状況を認識することで、覚悟が決まると思います。


そうでなければ、これまでの私のように、やってもやらなくても・・・やらなくなります。


危機的状況も、正しく認識することが重要です。


どのような業種においても、現在の経営環境や状況が好転するところは僅かだと思います。


そうであれば、新しいことに取り組む、ビジネスモデルを再構築するという準備が

必要です。


今は、スマホが通信インフラであり、SNSが主流の時代。


そうなると、【更新コンテンツ】を継続的に作成する、発信することになります。


個人でも、組織においても、この継続する=習慣化を出来るようになるのは

軌道に乗るまでは、大変です。


スタートで失速しないためにも、自社の危機的状況や、取り組むことによる

デメリット、取り組まないメリットを確認して、進めることで習慣化に向かうものと

思います。


中小企業は、人もモノも金も不足気味です。

しかし、今回ばかりは、無理矢理にでも絞り出す必要があると感じています。


来年に向かう忙しい時期ではありますが、是非検討していただきたい事項です。