情報格納

情報整理は、よく聞きますよね。

年末のこの時期になると、整理や整頓という文字を見かけます。


私は、情報格納を意識しています。


整理は、要らないものを捨てて、乱れた状態を整えること。


これで、どこに何があるか記憶出来ればいいのですが、

なかなかそうはいきません。


なので、パソコンやクラウド上と同じように、格納するように意識して

自己ルールをつくっています。


しかも、一つのルールだけだと、調べようがないことから、

2つのルールで情報格納します。


1つは、時系列。

日付は、並べ替えする上で必須です。


もう1つは、ジャンル。

仕事上、様々な領域の書籍や情報が散乱してしまいます。


ですので、領域ごとにジャンルを決めています。

大区分 マーケティング

中区分 戦略系 企画系 広告系・・・

小区分 ノウハウ テクニック ツール・・・


と、特にインデックスをつけて保存していないのですが、

この方法だと、多くの書籍や情報を、どこに置いているかわかりますし

探しやすくなります。


更に、情報格納を行うことで、新しい情報を追加する際に、

他の情報との関連も思いついたり、気がついたりすることが出来ることから

自分自身に役立ちます。


問題が1つだけ。。。

時間をきちんと取る必要があるということです。


パソコンもクラウドも、放置すると散乱します。

よく起きることですが、ノートPCのデスクトップが爆発したように

ファイルとフォルダだらけになり、とても他人様にお見せ出来ない状態に

なることもあります。


だからこそ、情報格納をする必要があるのです。


このようなことが上手い方がいらっしゃいますが、これもスキルだと思います。


やり方は、人それぞれ。


しかし、これからの新しいことは、ますます増える一方です。


だからこそ、情報格納をされることをオススメします。


今年こそ、早めに取り組むぞと思いつつ・・・いつもギリギリです。