経営代謝

カラダの中での化学反応とエネルギー変換が、代謝。


代謝としての意味としては、新しいものが次々と入れ替わる。



経営も同じで、入れ替わらないと変わらないですよね。


世代、人員、経営者・・・、人が入れ替わることばかりではないです。


そして、

人を入れ替えても、変わらないとマズイものが、ビジネスモデル。


経営としての代謝は、この部分だと思います。


例えば、昭和の時代。

経営者が、先陣を切るようなモデルが主でした。


平成~令和と変わり、社会はデジタル化。


デジタルについてこれていないところは、振り落とされています。


PCから始めり、スマホ。

文章入力から始まり、今は動画です。


次は・・・3DやCGとなるのだと思います。


経営分析に、PEST分析がありますが、

技術的なテクノロジーが、最後になっていますが、

今の時代は、テクノロジーが最初に来る時代です。


T→S→E→P

技術 → 社会 → 経済 →政治


そうなると、経営におけるビジネスモデルでは技術的な部分で

構築していく必要があるということだと思います。


自社内でも外でも構わずに、ネットワーク構築そのものも

ビジネスモデルと言えます。


ファブレス企業(持たざる経営)と呼ばれる組織が、高収益を上げるというのも

このようなモデルを構築していくからです。


カラダと同じで、経営も常に代謝していかなければならないはず。


無駄な栄養も、脂肪もつかないように、日々トレーニングが必要です。



そのためには・・・常に新しいことに取り組むことが重要です。


自社の知識・技術分野でも、マーケ分野、組織管理手法でも、

なんでもいいと思います。


とにかく、何か新しいものに触れておくことで、その時代の

新技術が転用、応用されていきますので、必ず出会います。


つまり、いつでもビジネスモデルを変換する準備をしておくと

いうことです。


例えば、AIと聞いて久しいと思います。

御社は、何かAIをお使いですか?と聞かれるとします。


ホームページをお持ちのところは、間接的に使っています。

検索エンジンが、そうだからです。


この事実は当たり前なのですが、内容を少しでも理解していれば

自社ではどうすればいいのか、どうした方がいいのかということや

何もしなくていいのか、という判断が出来ますが、わからなければ

何をどうしていいかもわかりません。


そして、競合先から置いていかれる羽目になるのです。


経営代謝を意識して、新しいことにチャレンジするのに

遅いも早いもありません。


さて、弊社・・・。

時代の流れとともに、集客や広告のコンサルティングから、

マーケティングサポート、ブランディング構築を行いつつ、

HP制作~、リスティング広告、SNS広告・運用、そして次に進む準備中。


クライアントの皆さんと、共に進むスタイルはそのままで、

ビジネスモデルを変えています。


経営代謝、時代が滞っている今だから準備しておくべきだと思います。