Webプライバシーの今後と対策

Web広告の配信が、変わりつつあります。


ご存じの方も多いと思いますが、アップルのクッキー制限がますます強固になり、

フェイスブック広告でも、ドメイン認証という手続きや、イベントマネージャー

での設定等を行う必要が出てきています。


フェイスブックでは、アトリビューションの変更について、

クリック28日間から、7日間に変更になりました。

https://ja-jp.facebook.com/business/help/395050428485124


グーグルでは、 Google JAPAN Blogの記事で、これから新しい配信方法について

提案、実装していくことを言っています。


https://japan.googleblog.com/2021/02/2021-privacy-sandbox.html


これらのことは、Web広告の設計や設定、運用する上で、とても

重要な事項であり、対応する必要があります。


このWebプライバシー、経営的に集客的に、どう考えるべきか、

どのような影響があるか、Web広告で集客している企業の

経営者や事業主は、知っておかなければならない事項です。


リターゲティングと呼ばれる、1度サイトに訪れた人に、もう一度

広告を配信するという機能が制限されるということです。


Web広告では、当たり前の設定であり、これまで消費者側から

追われているようで気持ち悪い、という悪評もあったのですが、

売り手側は、有効な施策が故に、続けてきた経緯があります。


更に、Web広告そのものをシャットアウトするようなサービスも

出ています。


YouTubeプレミアムが、広告なしで視聴できるサービスですので

このようなサービスも増えるものと考えられます。


つまり、リーチできる消費者に限りが出てくる。

リーチ出来たとしても、次にリーチする機会が減少するとなります。


こうなると、Web広告で集客していた企業は、大変です。


対策としては、


1.SEOによる自然検索流入・・・ハードル高いです。


2.SNS活用によるファン化・・・時間と労力が相当かかります。



SEO,SNSは、以下のような流れで動いています。


テキスト(文字) → 画像 → 動画 → 音声



今後ますます、ユーザーの目と耳を塞ぎます。


残されているのは、鼻や超音波・・・イメージできないですね。



これからは、ユーザーの時間、目と耳の争奪戦です。


こうなると、【コンテンツのクオリティ】が、重要になってきます。


どんなコンテンツを配信しているか、ということでファンが出来たり、

検索されて記事が読まれたり・・・。


量より質であり、その質を維持して量を提供できなければ、

自社のターゲットにリーチできなくなるかもしれません。


しかし、逆を考えた場合には、

ターゲット設定をしっかり行い、そのターゲットに向けた高品質のコンテンツを

配信することが出来れば、【寡占化】も可能だとも言えます。


ユーザーは、多能化しています。

企業よりも、目も耳も発達・進化し、情報量も多いと思われます。


だからこそ、細分化された市場やターゲット、専門分野は

尖ることが出来ます。


自分も含めて、クライアントさんにも提案する内容です。


Webプライバシーと対策は、今のうちから取り組むことで、

1年後でも、大きな差になると考えられます。