Webマーケティングのマーケットサイズ

Webマーケティングを行う上で、重要なマーケットサイズ。

要は、対象としているキーワードは、どんなキーワードがあるか、どれぐらいの数なのか。


検索エンジン(グーグル・ヤフー)月間検索数だけではなく、SEOの難易度や

SNSで使われる#(ハッシュタグ)をチェック。


月間検索数を把握するには、グーグルキーワードプランナー。

又は、有料のキーワードツールで。


オススメは、グーグルのキーワードプランナーです。

但し、広告配信しないと数も単価も詳細がわからないですが、

有料ツールよりも、情報精度は高いと思います。


ローカルビジネス(地域密着型)でも、自分の商圏で確認出来ます。


SEO難易度は、SEOツールで。

いろいろなツールがあるので、お試しを。

SEO難易度チェックツールで検索すると、いくつもあります。


難易度が高ければ、自然検索流入が多くは見込めません。


#(ハッシュタグ)は、それぞれの媒体で検索するとわかります。


上記をチェックすると、少ない・多いを判断する必要があります。


そこで知っておくべきことが、コンバージョンレート。

ECサイトでは、2%が目標と言われます。

全業種平均では、目標5%とも言われています。


これから、Webマーケティングが成立するかを計算。


コンバージョンレートが2%であれば、50アクセスで1コンバージョン。


月間検索数で、1,000アクセスで、20コンバージョン。


20のコンバージョンは、ECであれば購入で完了かもしれませんが、

通販であれば、フロントエンドが売れただけで、バックエンドへの購買率や

リピート率がどれぐらいかで、ビジネスが成立するかどうか異なります。


つまり、Webマーケティングの第一歩は、

マーケットサイズを知ることから始まります。


どうも上手くいかないなと感じていれば、要チェックです。